Meiguizi的雑記帳

歓迎Meiguizi的雑記帳☆ 日々思う事を書き連ねています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命
命の長さは産まれた時から決まっているのでしょうか?


身内の一人が37歳という若さで天国に旅立ちました。


もっと早く原因がわかっていれば回避できたかもしれない。


病気の発症が遅すぎた為に倒れてからわずか2週間でこの世を去ってしまいました。


もっと早く気がついていれば…


歴史に「もしも」が無い様に、人の運命にも「もしも」は存在しないのです。


でも、「もしもっと早く気がついていれば…」


そう思わずにはいられません。


穏やかに眠る顔を見て涙が溢れてしまいました。


こんな素敵な奥さんと結婚したのに…


やっとお母さんに会えたのに…


念願だったお店開いて軌道に乗ったばっかりだったのに…



人は必ず「死」を迎えます。


当たり前の事だけれど、人はそれを忘れて生きている。


そんな気がしてなりません。


人の命の重さは量ることが出来ません。


人を殺める事が日常的にニュースで流れる現実。


自ら命を絶つ事が当たり前の様に新聞で記事になる。


生きたくても生きられない。


命の灯火が消えたときには必ず悲しむ人がいる。




そんな折、友人から「赤ちゃんが出来たの!」と電話がありました。


「生」と「死」


二つの言葉の意味とは。


きっと一生かけて考えなければならない課題だと実感しました。




Kさんへ


安らかに眠る顔がお爺ちゃんにそっくりだったよ。


天国にはお爺ちゃんとお婆ちゃんが待ってるからね。


雲の上から奥さんや伯母さんを見守って下さい。



今までありがとう。


スポンサーサイト


ご冥福をお祈りします。
2007/04/14(土) 15:05:18 | |はっち #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://mikitsw.blog19.fc2.com/tb.php/232-fe6476b5
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。